ADSL並の「AtermWM3800R」

ADSLにも劣らない高速通信と言えば、「WiMAX」。

「WiMAX」は配線も工事も不要であり、プロバイダーと契約を結んでモバイルルーターが手元にきた時からインターネットに使用することが可能になります。

ところでこのモバイルルーターですが、実は様々な種類があります。

代表的なモバイルルーターとしては「URoad-Aero」や「Wi-Fi WALKER WiMAX HWD13」などがあげられますが、ここでは「AtermWM3800R」について触れていきます。

「AtermWM3800R」ならば、その速度は最大40MbpsとADSLなみ。

先述した通り「WiMAX」は配線が無いために、電波をキャッチしてインターネットに繋ぐことになります。

しかし「AtermWM3800R」ならば、例え電波が弱いエリアであってもしっかりインターネットに接続出来る「WiMAXハイパワー」に対応しているので安心。

また「WiMAX」の送信能力が上がっているため、弱電界でも問題なくインターネットに繋ぐことが出来るのです。

外出先でインターネットに繋ぐためには、モバイルルーターを持ち運びする必要があります。

そうなると、モバイルルーター自体はやはり小さくなければいけません。

基本的にモバイルルーターは小さくスリムであるものが多いですが、その中でもこのモバイルルーターは従来のものから容量比を約30%もダウンさせることに成功しました。

大きさは52mm×89.6mmで、重さは約80g。

まるで、ちょっと厚みのあるカードを持っているような感覚です。

当然カバンに入れていてもかさばらないので、持ち運びしやすくどこにでも持って行くことが出来ます。

カラーバリエーションも豊富で、定番の“ブラック”や“ホワイト”はもちろんのこと、女性に大人気のポップで可愛らしい“ピンク”の三種類から選べます。

お好みに合わせて色を選択することが出来るので、デザインにこだわりたい人にもおすすめのモバイルルーターであると言えるでしょう。

加えて「AtermWM3800R」では、スマートフォン向けの“Aterm WiMAX Tool”と言うアプリを無料で提供しています。

“Aterm WiMAX Tool”を利用することで、電波状況や電池残量の確認が出来、インターネットの接続に関する変更も可能。

「WiMAX」から「公衆無線LAN」、あるいはその逆への変更を容易に行うことが出来ます。

「@nifty」・「BIGLOBE」・「so-net」などのプロバイダーと契約を結び、快適なインターネットを楽しんでください。